外資系の方がプライベートが充実しやすい?

外資系の方がプライベートが充実しやすいとされる理由

外資系企業と言うと、プライベートが充実しやすいというイメージを持っている方は少なくないでしょう。果たしてそのイメージは正しいのでしょうか?結論から言えば、そのような傾向はあります。その理由は、外資系が取り入れている勤務体系や職場環境にあります。外資系の勤務体系は、日系企業のようにきっちりと決まっているわけではありません。外資系の多くが取り入れているのはフレックスタイム。フレックスタイムなら、コアタイム以外は決められた労働時間の中で自由に出退勤時間を設定できます。自分でどのような時間に働くか考えられるため、プライベートの時間に合わせて働く時間をずらすことも可能です。

また、外資系は従業員自身が、仕事とプライベートを区別して考える傾向にあります。勤務時間内はしっかり仕事をし、それ以外の時間は自分の自由に過ごします。日系企業においては、残業することは珍しくなく、反対に定時を過ぎても仕事をすることが美徳ととらえられる場合すらあります。しかし、外資系では残業は決して称賛されるものではなく、それどころか仕事を勤務時間内に収められない仕事ができない人がやるものという認識もあります。このような、オンオフをしっかり区別する職場環境も、プライベートの充実を後押ししています。

外資系でプライべートを充実させるためのポイントと注意点

外資系企業はプライベートが充実しやすい環境ではありますが、だからといって外資系で働けば自動的にプライベートな時間が多く確保できるわけではありません。プライベートを充実させるためには、外資系の社風にうまく適合していくことが大切です。外資系は実力主義。仕事ができることが外資系で働く第1条件です。せっかくフレックスタイムで自分の自由に勤務時間帯を設定しても、その時間内に仕事をきりよく終わらせられなければ、結局残業などほかの時間を使ってカバーするしかなくなります。このようなことが続けば、プライベートな時間がなかなか持てないことはもちろん、いつも残業をしている仕事のできない人というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。そうなれば、外資系で働く意味はなくなってしまうでしょう。 つまり、外資系でプライベートを充実させるためには、会社の制度や環境を利用するだけでなく、その制度や環境を最大限に活かせるよう、自分で仕事しっかり管理することも大切なのです。もし仕事がなかなか片づけられないなら、進め方や業務が効率的に行えているかなどを見直しつつ、よりスムーズに仕事を進められるよう改善を加えていく工夫や柔軟性も必要です。