英語が得意な人材は優位

外資系企業で英語力が有利になる理由

外資系企業であれば外国人の社員がいることがほとんどです。外国人スタッフの割合は企業によってさまざまですが、英語が話せないと会話をするのも苦労してしまうでしょう。外国人社員が少人数であったとしても、上司が外国人であることも。仕事の内容にもよりますが、海外とのやりとりが英語であることも多いです。電話の対応だけでなく、メールや資料作成、会議、資料を読んで内容を理解するなど英語を使う機会は非常に多いと考えられます。メールを使うケースは多いので、会話だけでなく正確な文章を書けることも求められます。

英語を日常的に使用する仕事の場合、当然英語力が必要です。仕事によっては交渉をしたり、相手を納得させたりしなければなりません。プレゼンテーションやスピーチも英語です。日本語であっても簡単ではないものを、英語で行うのは難しいものです。ビジネスで英語を使う際は、理論的に話せることやスムーズにコミュニケーションが取れるくらい高度な英語力が求められます。営業職では提案力やコミュニケーション力が必要ですが、それを英語で行うスキルが求められます。特に金融業界や経理、財務などはあいまいなことが許されません。常に正確で適確な英語力が必要です。

必要とされる英語力の目安

日常的なコミュニケーションや仕事内容によっては高度な英語力が必要な外資系企業では、英語が得意であることは大きなメリットです。中には採用基準としてTOEICなどの点数を提示している企業もあります。点数を提示していなくても、日常的にメールや電話を英語で行う必要がある場合はTOEIC700点以上、ビジネスとしてディスカッションをしたり提案をしたりする場合は最低でも800点以上が必要と考えた方がよいでしょう。

外資系企業だからといって、必ずしも英語ができないと転職できないわけではありませんが、英語の必要性を考えれば英語ができない人よりも、英語が得意な方が転職には有利です。なぜなら採用時にはあまり英語力が必要とされなくても、異動などで上司が外国人になったり、外国人が多い部署になったりするケースもあるからです。

英語ができないという理由で、仕事の幅が広がらないということもあるでしょう。勤続年数や仕事への姿勢などは評価されても、英語ができないからと昇給や昇進の妨げになる可能性もないとは言えません。外資系企業への転職を考えるなら、英会話教室に通ったり、英会話を上達させるツールを使ったりするなど、英語力を高めておいた方がメリットは大きいです。